うえき矯正歯科

お知らせ

うえき矯正歯科からのお知らせ

2022年11月22日

11月22日は良い夫婦の日|福岡市早良区の矯正歯科 小児矯正 成人矯正

スマイル写真.jpg

本日11月22日は良い夫婦(イイフウフ)の日。

ということで矯正歯科医の私から皆様へのお願いです。今日はいま一度、ご主人様や奥様の歯並びを見てあげてください。微笑んでもらったとき、ご主人様、奥様のスマイルはガタガタ、出っ歯、うけ口などなく素敵なスマイルでしょうか。

「あれ?そういえば少しガタガタしてるな。」など気付くことがあるかもしれません。でも大丈夫です。歯並びは子どもだけでなく、何歳になっても治療可能です。特に最近は30代、40代以降の矯正患者さんがとても増えています。当院ではマルチブラケット装置(表から見える装置)だけでなく、マウスピース矯正(マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置:インビザライン)、リンガル矯正(裏側矯正)などさまざまな矯正装置の中から選ぶことができ、人からほとんど気付かれずに治療することもできます。

実際、私(42歳)自身もマウスピース矯正にて治療中です。(10月18日のブログもご覧ください。)

良い夫婦の日に、奥様からご主人様、ご主人様から奥様へ「良い歯並び」をプレゼントするのも素敵かもしれませんね。お気軽にご相談ください。


院長 植木猛士



--------------------------------------------------------------------------------
福岡は西区・城南区・南区・中央区・博多区をカバーする
福岡市早良区次郎丸の矯正歯科
うえき矯正歯科
成人矯正・小児矯正・かみ合わせ・成長期の矯正など、何でもご相談ください。
---------------------------------------------------------------------------------
〒814-0165 福岡県福岡市早良区次郎丸1-1-57ビレッジ城月1F
ご予約・お問い合わせは
tel.092-874-3322
---------------------------------------------------------------------------------
受付時間/10:00〜13:00、14:30〜18:30 ※土曜日は9:00スタート
休診日/木曜・日曜・祝日
--------------------------------------------------------------
posted by うえき矯正歯科・こども歯科 at 11:21 | お知らせ

2022年11月19日

マウスピース矯正のメリットとは?|福岡市早良区の矯正歯科 小児矯正 成人矯正

インビザBBA.png
マウスピース矯正(インビザライン:マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置)にはさまざまなメリットがあります。
私(院長)自身、現在マウスピース矯正で治療中ですが、マルチブラケット装置(固定式の装置)からマウスピース矯正に変更したときに感じたことも踏まえてご説明いたします。

1.取り外し可能
固定式の装置とは違い、食事の時や歯磨きの時に装置を取り外すことが可能であるため、清掃がとても楽になります。磨き残しを防いで口腔環境を清潔に保てるため、虫歯や歯周病、口臭などのトラブルを防ぐことができます。また、私自身は「ごはんがおいしく食べられる。」ということに感動しました。装置が付いたままだとどうしても食べ物の味や噛み応えが正常に感じ取れずおいしさが減少してしまいますが、マウスピース矯正の場合は装置を外して食事できますので、食事時の満足感が違います。

2.目立ちにくい
薄くて柔らかい素材であるため、人から気付かれることがほとんどありません。実際、私は人に「マウスピース矯正始めたよ」と言ってスマイルを見せても「それ、いま装置付けてんの?」と不思議がられます(笑)

3.痛みが少ない
私が以前装着していたマルチブラケット装置は、装置調整後に数日間、軽度の痛みがあります。個人差はありますが、私の場合は月に1回の調整後、3日ほど弱い痛みを感じ、硬い物を噛むとき「ちょっと痛くて咬みにくいなー」と感じ、調整後4日目を過ぎると痛みを感じなくなりました。
マウスピース矯正に変えてからはその痛みはほとんど感じず、装置を装着したときの「ソフトに締め付けられる感じ」しかなく、マルチブラケット装置による痛みが「10」とするとマウスピース矯正で感じる痛みは「2」くらいです(個人の感想)。

4.来院回数が少なくてすむ
矯正治療が始まると、ほとんどの装置は月に回程度の通院が必要ですが、マウスピース矯正だと2か月に1回の通院でよくなります。また固定式の装置のように「ワイヤーが刺さって痛い」「装置が外れてしまった」などのトラブルが少ないこともメリットといえます。

5.金属アレルギーの心配がない
プラスチック製で金属フリーなので金属アレルギーの心配がありません。


マウスピース矯正(インビザライン)に興味のある方は、ぜひお気軽にご相談下さい。

--------------------------------------------------------------------------------
福岡は西区・城南区・南区・中央区・博多区をカバーする
福岡市早良区次郎丸の矯正歯科
うえき矯正歯科
成人矯正・小児矯正・かみ合わせ・成長期の矯正など、何でもご相談ください。
---------------------------------------------------------------------------------
〒814-0165 福岡県福岡市早良区次郎丸1-1-57ビレッジ城月1F
ご予約・お問い合わせは
tel.092-874-3322
---------------------------------------------------------------------------------
受付時間/10:00〜13:00、14:30〜18:30 ※土曜日は9:00スタート
休診日/木曜・日曜・祝日
--------------------------------------------------------------
posted by うえき矯正歯科・こども歯科 at 15:27 | お知らせ

2022年10月18日

院長のマウスピース矯正体験日記!(実例写真つき!) |福岡市早良区の矯正歯科 小児矯正 成人矯正

院長が自分自身の歯列矯正を行う前代未聞の「矯正日記」
ひさびさの投稿で申し訳ございません!

知らない方が多いと思いますが、私(院長)自身、現在矯正治療中です。
私には以前からずっとコンプレックスがありました。それは「上下の前歯が前に出ていて口がとじにくい」ということです。気付いたら口がポカンと開いていることが多く、自分の横顔の見た目にも自信がありませんでした。
そこで「よし、それなら自分自身の歯並びを矯正治療してみよう!」と決心しました。
自分初診顔.jpg
自分初診.jpg

私の場合、上下の前歯を後ろに下げる必要があり、そのためには前から4番目の歯(計4本)を抜歯する必要がありました。そこで大学教員時代の先輩に抜歯をお願いしました。
庸子先生と.jpg
その後、自分で鏡を見ながら「マルチブラケット装置」を装着しました。これはなかなか難しかったです。
自分の顔2.jpg
IMG_6965.jpg
自分の顔.jpg
装置は定期的に、自分で鏡を見ながらワイヤーの調整や交換を行いました(とっても難しい!)。
矯正治療を始めて1年半ほど経過し、抜歯してできたスペースもかなり閉じ、上下の前歯が後ろに下がってきました。
口腔写真マルチ終了時.jpg
しかし治療が進行するに伴いワイヤーの細かい調整が必要となり、自分自身で鏡を見ながら治療をする事に限界を感じてきました。今後の治療をどうしようか途方に暮れていたとき、「そうだ、インビザライン(マウスピース矯正、マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置)ならワイヤーの調整がいらないから、続きの治療ができそう!」と思い、これまでのマルチブラケット装置をすべて外し、「インビザライン」を用いた治療に変更することとしました。
アイテロ.jpg
インビザシミュレーション画面.jpg
口腔内スキャナー「iTero」で自分の歯列をスキャンし、インビザライン社に治療計画を注文したところ、約2週間で「アライナー」というマウスピース型の装置が40組送られてきました。
インビザの箱.jpg
インビザの袋.jpg
インビザ装着写真.jpg
このアライナーを食事時以外、常に装着します(一日22時間以上)。
ナンバー1から順に、1週間ごとに新しい物に交換していきます。
今まで装着していたマルチブラケット装置と比較すると、見た目はかなり良好で、矯正治療をしていることに気づかれることはほぼありません。
最初のうちは「装置を付け続けるのは大変だなー」と思っていましたが、1か月もすれば装置を装着するのが当たり前となり、装置を付けないと逆に不安を感じるようになりました。
あと、マルチブラケット装置の時は、調整したらその後数日間は軽度の痛みを感じますが、インビザラインでは、ほとんど痛みや違和感を感じません(個人差があると思います。)。

現在のアライナーはナンバー19を使用しています。私の場合ナンバー40が最後なので、ほぼ半分が終了したところです。
口腔写真現在.jpg
現在の口腔内の写真です。いかかでしょうか?
下の歯列はもうほとんど抜歯スペースが閉じ、仕上がりに近い状態です。

最後に顔のビフォー・アフター比較です!
顔側面.jpg
顔正面.jpg
顔スマイル.jpg
いかがでしょうか?治療前と治療後ではかなり顔つきが変化しているように見えます。
特に横から見たときの口元の突出感がかなり改善されました!
もちろん美容整形や写真の修正はしていませんよww
(※横顔の初診時写真は撮影角度が微妙にずれていますのでご了承ください。)
上下の前歯が後ろに下がったことで口がとても閉じやすくなりました。
治療開始から現在までで約3年近く経過してしまいましたが、本来はここまで1年半程度で変化しているはずです。マルチブラケット治療の途中で調整をさぼった時期があり、かなりタイムロスしてしまいました(汗)
あと5か月程度で仕上がる予定です。ゴールはみえてきたぞ!がんばりますっ!


<あとがき>
この「セルフ矯正」を始めた理由として、上記のように私自身のコンプレックスを解消したいとの思いがあったのですが、それと同時に「患者さんの気持ちを実際に体験してみたい。」というのも大きな理由です。患者さんへの説明の際、教科書通りの説明をするのは簡単ですが、実際経験してみないと装置による痛み、見た目、違和感などの大変さはわからないと思います。今回セルフ矯正をしてみて感じたことは以下の通りです。

「抜歯矯正をしてみて感じたこと」
健康な歯を4本抜くというのは、昔から世界的にスタンダードな方法であり、当院でも必要に応じて患者さんにお勧めしている方法です。(もちろんできるだけ非抜歯での治療法を模索しますが。)
しかし、いざ自分が抜歯するとなったときは少し不安になりました。矯正歯科医の私でさえ不安に思うのであれば患者さんの不安は計り知れないと思います。
ただ、自分がしない事を患者さんに勧めるのは矛盾していますし、抜歯すべき状態の私から「抜歯した方が良い」なんて言われても説得力はありません。私が抜歯矯正を経験することで身をもってメリット・デメリットを体感でき、患者さんへのカウンセリングの際もより説得力のある説明ができるのではないかと考えました。結論を言うと「抜歯矯正をして本当によかった!」と思っています。私の場合は上下の前歯を後ろに下げたことにより口がとても閉じやすくなり、一番コンプレックスだった横顔の「口元の突出感」が改善したことにとても満足しています。10代や20代のころは、「僕は男だし、歳とってオッサンになりゃ見た目なんてどうでも良くなるさ。」と思っていましたが、コンプレックスはいつまでたっても減少することはありませんでした。「きれいになりたい、カッコよくなりたい」と思うのは年齢や性別は全く関係ないと思います。

「マルチブラケット装置とマウスピース矯正の両方を経験してみて感じたこと」
マルチブラケット装置は「見た目が気になる」と言われる方が多いですが、最近のブラケットは小型化しており、私が装着したクリアブラケットであれば歯の色調となじみがよく、意外と人から気付かれにくかったです。また最近はコロナ禍ということもありマスクをするので、むしろ金属製ブラケットでもほとんど気付かれないのではないかと思います。あと装置による痛みですが、月に1回ワイヤーを交換する度に数日間弱い痛みを感じ硬い物を噛みにくいと感じましたが、耐えられないほどの痛みではありませんでした。またブラケット周囲やワイヤーに食べ物がからみ、清掃は大変だなと感じました。あと、装置を装着して1か月くらいは装置が接する頬の粘膜に口内炎ができやすかったです。
マルチブラケット装置からマウスピース矯正へ変更したときに最も感動したのは「ご飯がおいしく食べられる!」ということです。マルチブラケット装置は基本的に舌には接さない装置ですが、なぜかどんなに大好物を食べても不思議と「おいしさが半減」してしまいました。おそらくワイヤーが歯に力を加え続けるので、食べ物を噛んだ時の食感が正常に脳に伝わらないからではないかと推察されます。しかしマウスピース矯正は装置を外した状態で食事できるので、ほぼ100%の味が感じられるのだと思います。また痛みに関して、マウスピース矯正はマルチブラケット装置と比較して「痛み」はほとんど感じず多少の「違和感」を感じる程度です。これは個人差があると思います。マウスピース矯正は装置を外すことができるので清掃性は圧倒的に有利と感じます。総合的にみるとマウスピース矯正の方に分がありそうですが、「適用症例に限りがある」「装置を適正に長時間使用しないと効果がでない」「費用が比較的高い」などのデメリットもあります。

私のマウスピース矯正はまだまだ続きますので、今後ともブログにて進捗をご報告いたします。
長文を最後までお読みいただきありがとうございました。

院長 植木猛士





--------------------------------------------------------------------------------
福岡は西区・城南区・南区・中央区・博多区をカバーする
福岡市早良区次郎丸の矯正歯科
うえき矯正歯科
成人矯正・小児矯正・かみ合わせ・成長期の矯正など、何でもご相談ください。
---------------------------------------------------------------------------------
〒814-0165 福岡県福岡市早良区次郎丸1-1-57ビレッジ城月1F
ご予約・お問い合わせは
tel.092-874-3322
---------------------------------------------------------------------------------
受付時間/10:00〜13:00、14:30〜18:30 ※土曜日は9:00スタート
休診日/木曜・日曜・祝日
--------------------------------------------------------------
posted by うえき矯正歯科・こども歯科 at 13:03 | お知らせ
最近の記事
ページ上部へ戻る