福岡市早良区の矯正歯科・小児歯科の認定医|うえき矯正歯科・こども歯科

  • 福岡市早良区の矯正歯科・小児歯科の認定医|うえき矯正歯科・こども歯科
  • はならびみなみなニコニコ
  • 無料相談はコチラ

2019年12月11日

私(院長)も矯正を始めました!今さらなぜ?|福岡市早良区の矯正歯科・小児歯科

自分初診顔.jpg自分初診.jpg
私の歯並びは一見、きれいに並んでいるように見えるのですが、実はずっと自分自身で気になっている点がありました。それは、

「口元が出ていて口がとじにくい、下あごが引っ込んでいる」

ということです。私の歯並びは、上下の前歯が前に傾斜している「上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)」という状態です。この状態だと、唇の力を抜くとすぐに口が開いてしまい、唇に力を入れてようやく閉じることができる状態です。また、上下顎前突は見た目が良くありません。私の顔は骨格的にあごの先(オトガイ)が小さいタイプなのですが、上下の前歯が前に傾斜していることでさらに「あごなし」の状態に見えてしまいます。

私は歯科医になって15年以上経過しましたが、患者さんに説明するたびに
「自分も治さないといけないのに、患者さんに『治療した方がいいですよ。』と勧めるのはなんだかな〜。」
と思っていました。

私が今まで矯正治療をしなかったのは、
私の場合「抜歯をしなければならない」
というのが一つの大きな理由です。上下の前歯を後ろに下げるためにはスペースが必要で、そのスペースのために、役割の少ない歯(前から4番目)を上下左右(計4本)抜歯しなければならないのです。
今の状態で食べ物を食べることに関しては全く支障がなく、ガタガタもほとんどないため磨きにくわけでもありませんでした。悩みのメインは「見た目」であるため、「男だし、見た目で勝負してないし(笑)、歯を抜いてまで治療する必要ないだろう。」という気持ちが勝っていました。

しかし今回、自分で装置を装着して歯を動かしていく、まさに前代未聞の「セルフ矯正」をしようと決意しました。ではなぜこのタイミングで決意したのでしょうか。5つの理由があります。

1.開業したから。
今までは勤務医であったため、診療室や器材などを勝手に使うわけにはいきませんでした。しかし1年前に自分で歯科医院を開業したため、自由に診療室や器材などを使えるようになりました。

2.高性能なブラケットが開発されたから。
クリッピー.jpg
大人の矯正治療に用いる装置は「マルチブラケット装置」というものです。これは、歯の1本1本に「ブラケット」という装置を接着し、それに「矯正用ワイヤー」を結び付け、ワイヤーの力で少しずつ歯を動かしていきます。この装置は月に1回、ワイヤーを外して調整または交換しなければなりません。ブラケットにワイヤーを結びつけるには、細い糸のようなワイヤーでブラケット1つ1つに結び付ける「結紮(けっさつ)」をしなければなりません。しかし近年、「セルフライゲーションブラケット」という高性能なブラケットが開発され、最近になって当院も導入しました。これはブラケットに付属したクリップをパチンととめるだけで簡単かつ短時間に結紮できる優れものです。これだとワイヤー交換が私自身で鏡を見ながらできると思いました。

3.抜歯矯正を終えた多くの患者さんから感謝されたから。
私は「できるだけ抜歯しない矯正治療」を心掛けていますが、私のように口元が出ていたりガタガタが強い場合は、やむを得ず抜歯矯正になることがあります。患者さんに抜歯が必要であることをお伝えすると、「健康な歯を抜いてまで治療をしたくない。」と言われる方が少なからずいらっしゃいます。しかし、抜歯矯正を決意して治療を受けた方は、「口元がきれいになった。」「抜歯矯正をしてよかった。」とほとんどの方が満足されています。そういった患者さん達の姿を見ていると、「喜んでもらえてよかった。」と思うと同時に、「私もしてみようかな。」という気持ちが年々強くなってきました。

4.患者さんの気持ちを理解したいと思ったから。
当院は開業して1年が経過しました。当院に来院される患者数が増えるにつれ「もっと患者さん一人一人の気持ちに寄りそっていかなければ…」との思いが強くなってきました。「矯正の痛みは1週間もすれば慣れますよ。」とか「ブラケットは目立たないから大丈夫ですよ。」などと説明しますが、本当の患者さんの苦労も知らずに説明しても説得力がありません。自分自身も患者さんと同じ治療を受けることで患者さんの不安や苦労が少しでも多く理解できればと思いました。

5.老若男女問わず矯正治療が可能であることを知ってほしいと思ったから。
「もう私こどもじゃないから矯正できないんでしょ。」と諦めている成人の方がとても多いです。しかし、健康な歯とその周りの組織さえあれば何歳でも矯正治療は可能です。私はあと数か月で40歳になりますが、私自身が矯正治療をすることで「若くないから」とか「男だから」などと諦めている方々に、「私でも矯正治療できるんだ。」と思っていただけるのではないかと思いました。

<いよいよ装置装着!>
自分で鏡を見ながらブラケットを装着することとなりました。
「インダイレクトボンディング法」という方法を用いました。まずは自分の歯の模型上にブラケットを仮づけしてコアをつくり、そのコアを外します。コアに埋め込まれたブラケットに接着剤を塗布し、口腔内にはめてブラケットを接着します(わかりにくくてすみません)。
エミルマ.jpg自分の顔2.jpg
ブラケットの接着時は、唾液が装置につかないようにする「防湿」操作が重要となります。最初は自分一人でがんばりましたが、結局最後は衛生士さんに助けてもらい、ようやく装置が装着できました。
自分の顔.jpg
<今後の治療について>
歯がある程度並んで来たら、いよいよ抜歯が必要になります。
そこで、「誰が抜歯するのか?まさか私が自分でセルフ抜歯?」という大問題があります。知り合いの先生にお願いしようかとも思っていますが、まだ考え中です。

今後の治療経過についてはまたの機会にブログで随時お伝えしていきますのでご期待下さい!


福岡は西区・城南区・南区・中央区・博多区をカバーする
福岡市早良区次郎丸の矯正歯科・小児歯科
うえき矯正歯科・こども歯科

---------------------------------------------------------------------------------
〒814-0165 福岡県福岡市早良区次郎丸1-1-57ビレッジ城月1F
ご予約・お問い合わせは
tel.092-874-3322
---------------------------------------------------------------------------------
受付時間/9:00〜13:00、14:30〜18:30
休診日/木曜・日曜・祝日
-----------------------------------------------------------------------------
posted by うえき矯正歯科・こども歯科 at 11:00 | お知らせ
最近の記事
(11/30)休診のお知らせ12月2日(水)|福岡市早良区の矯正歯科・小児歯科
(11/18)加湿空気清浄機と口腔外バキューム完備!|福岡市早良区の矯正歯科・小児歯科
(10/28)矯正治療を始める人はなぜ増えているの?|福岡市早良区の矯正歯科・小児歯科
(10/26)入園前・入学前の歯科検診について|福岡市早良区の矯正歯科・小児歯科
(10/20)院長のセルフ矯正日記 10か月経過しました。|福岡市早良区の矯正歯科・小児歯科
RDF Site Summary
RSS 2.0

植木猛士院長写真

  • 無料相談・セカンドオピニオンを受け付けております

    • ●治療費用はいくら掛かるの?
    • ●歯科矯正ってどのくらいの期間治療するの?
    • ●今現在通っている矯正治療に不安を感じている
    • ●以前受けた矯正が元の状態に戻ってしまった
  • など、こんな矯正に関するお悩みはありませんか?
    矯正に関するご相談はお気軽にご連絡ください。
  • 植木 猛士Takeshi Ueki
    うえき矯正歯科・こども歯科 院長 | 博士(歯学) | 日本矯正歯科学会認定医
    • 0928743322
    • メールでの無料相談はコチラ

ページトップへ

ホームへ