うえき矯正歯科

お知らせ

うえき矯正歯科からのお知らせ

2022年05月31日

インビザライン、マウスピース矯正って?|福岡市早良区の矯正歯科 小児矯正 成人矯正

最近、テレビなどで、
「コロナ禍で歯列矯正をする人が増えています。」
といった報道をよく目にします。
実際、ここ3年くらいはコロナの影響でマスクをするのが当たり前の社会となったため、
「マスクをしている今のうちに歯列矯正しておこう。」
と考える方が増えていることが考えられます。
実際、当院でもコロナ前よりも矯正の新患数は増えており、私の知り合いの矯正医もみな「患者さんが増えた。」と言っています。
さらに日本政府で「国民皆歯科検診」が検討されており、歯列矯正の需要はますます増えてくると考えられます。

歯列矯正に注目が集まるに加え、
「インビザライン」
「アライナー矯正」
「○○○ライン矯正」

など、聞きなれないワードが最近たくさん出てきました。
上記はすべて正式には「マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置」というもので、通称「マウスピース矯正」と言われているものです。
unnamed (1).jpg
これは、

歯科医院で患者さんの口腔内を型取りまたはスキャン
   ↓
それを提携のマウスピース作製メーカーに送品
   ↓
メーカーから数十枚におよぶマウスピースが歯科医院に送り返されてくる。
   ↓
歯科医院にて患者さんにマウスピースが渡され、使用方法や注意事項などの説明を受け、矯正開始となる。
   ↓
最初にNo.1のマウスピースを装着(1日20時間以上)し、1〜2週間ごとに新しいマウスピースに交換していくことで、少しずつ歯が動いていく。

というシステムです。

矯正治療で今まで使われてきた装置の中で、世界中で最もメジャーな装置は「マルチブラケット装置」といい、ワイヤーの力により歯を動かすものです。この装置はとても優れた装置ですが、
「見た目が気になる。」
「歯に装置を接着しているので清掃が難しい。」
というデメリットがあります。
メタルブラケット.jpg
しかしこの「マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置」であれば装置を装着していても透明なので人に気づかれにくいですし、装置を外すことができるので清掃性は良好です。
unnamed (4).jpg
「最近マルチブラケット装置からインビザラインに切り替えた私(院長)」

当院では最近このシステムを導入し、iTero(アイテロ)という光学スキャナーも設置しました。興味のある方はぜひご相談ください。

ただしこのシステムには「症例により歯が動きにくいことがある。」「装置をしっかり使わないと効果がない。」「仕上げが難しいことがある」などのデメリットもあります。
また、このシステムは経験の浅い歯科医師でも簡単に導入することができるため、思うように歯が動かずトラブルになるケースが急増しているそうです。

テレビ、雑誌、SNSなどで
「気軽に矯正できる!」
「前歯のガタガタだけ部分的に治せる!」
「短期間で治る!」
「安い!月々○○円〜」
などの宣伝を見ることがありますが、矯正に関する知識や技術が少ない歯科医師が営利目的で多くの患者さんを獲得しようとしている場合もあるので、このような文言にはくれぐれもご注意ください。



---------------------------------------------------------------------------------
福岡は西区・城南区・南区・中央区・博多区をカバーする
福岡市早良区次郎丸の矯正歯科
うえき矯正歯科
成人矯正・小児矯正・かみ合わせ・成長期の矯正など、何でもご相談ください。
---------------------------------------------------------------------------------
〒814-0165 福岡県福岡市早良区次郎丸1-1-57ビレッジ城月1F
ご予約・お問い合わせは
tel.092-874-3322
---------------------------------------------------------------------------------
受付時間/10:00〜13:00、14:30〜18:30 ※土曜日は9:00スタート
休診日/木曜・日曜・祝日
--------------------------------------------------------------
posted by うえき矯正歯科・こども歯科 at 15:26 | お知らせ

2022年05月01日

インビザライン体験日記(マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置)|福岡市早良区の矯正歯科 小児矯正 成人矯正

実は私(院長)自身、矯正治療をしています。

私は以前からずっと「前歯が前方に出ていて口が閉じにくい」「口元の見た目が悪い」ということがとてもコンプレックスでした。
自分初診顔.jpg
そこで2019年12月、「自分でセルフ矯正をしてみよう!」と思い立ちました。
まず近医で上下左右の4番目の歯(計4本)を抜歯してもらいました。

※当院ではできるだけ非抜歯を検討しますが、ガタガタや口元の突出感が強い場合は抜歯になることがあります。

そして自分で鏡を見ながら「マルチブラケット装置」を装着しました。
自分の顔2.jpg
自分の顔.jpg
IMG_6965.jpg
矯正治療開始から最近まで、装置の装着と調整を自分でなんとか頑張ってきました。

通常だと2年〜2年半程度で矯正治療は終了することが多いのでそろそろ矯正治療が終了しても良いころです。しかし、私のセルフ矯正はまだまだ終わりそうにありません。なぜなら・・・
「自分自身の矯正治療は想像以上に面倒くさい!」のです(泣)
鏡を見ながらの治療のため通常とは器具を逆に動かす必要がありますし、奥の方は光が届きにくく、とても操作が難しいのです。従来だと月に1回の調整が必要なのですが、「まあ、自分の事だから後回しでいっか。」と思ってしまい、ついついほったらかしになり、毎回数か月以上が経過してしまいます。
また、治療が進行するにつれてワイヤーの微調整が必要になってきて、さらに難易度がアップしてきました。そこでいったんこの「マルチブラケット装置」を撤去し、次の手段をとることにしました。

それは・・・「インビザライン(マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置)」です!

インビザラインとは、光学スキャナーで口腔内をスキャンしたデータをインビザライン本社に送信し治療計画を立案することで、数十個のアライナー(マウスピース)が送り返されてきます。
unnamed (3).jpg
このマウスピースを「No.1」の物から順に1〜2週間に1回変更しながら装着することで、歯が少しずつ移動していくというシステムです。
unnamed (1).jpg
unnamed (2).jpg
unnamed (4).jpg
これは装着したときの写真ですが、意外と目立ちませんね。
この方法なら鏡を見ながらの細かいワイヤー調整が必要ないので、セルフ矯正にも適していると思います。あとワイヤー矯正とマウスピース矯正の両方を自分自身で体験することで、治療を受ける患者さんの痛みや不安が理解でき、今後の診療にも役立つのではないかと思っています。

果たして私の歯がどのように動いていくかとても楽しみです!
装置の装着感や治療経過について、今後どんどん紹介していきますね!

うえき矯正歯科 院長 植木猛士


---------------------------------------------------------------------------------
福岡は西区・城南区・南区・中央区・博多区をカバーする
福岡市早良区次郎丸の矯正歯科
うえき矯正歯科
成人矯正・小児矯正・かみ合わせ・成長期の矯正など、何でもご相談ください。
---------------------------------------------------------------------------------
〒814-0165 福岡県福岡市早良区次郎丸1-1-57ビレッジ城月1F
ご予約・お問い合わせは
tel.092-874-3322
---------------------------------------------------------------------------------
受付時間/10:00〜13:00、14:30〜18:30 ※土曜日は9:00スタート
休診日/木曜・日曜・祝日
--------------------------------------------------------------
posted by うえき矯正歯科・こども歯科 at 21:35 | お知らせ

2022年04月21日

インビザライン正式契約(マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置)|福岡市早良区の矯正歯科 小児矯正 成人矯正

「インビザラインの取り扱いはありますか?」
ここ1年くらいでこのようなお問合せが増とてもえました。インビザラインとは、正式には「マウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置」といいます。これはインビザライン社と提携した歯科医院にて患者さんの歯並びデータを採得し、それをインビザライン社に送信することで数十個のマウスピース型装置が送られてきます。まず1番目の装置を装着します(1日22時間以上)。その後1〜2週間に1回新しい装置へ交換していくと、歯がそのマウスピースにあうように動いていくというシステムです。当院では以前より他社の製品を取り扱っておりましたが適応症例がかなり限定されていました。しかし「インビザライン」では適応症例の幅が広いと言われています。
(ただし、これはすべての症例に適応できる万能な治療法ではありません。良好な治療結果を得るためには歯科医師の矯正歯科に関する多くの知識と技量が必要です。また、場合によりワイヤー矯正などの追加治療が必要になることがあります。)
詳しくはインビザライン社のホームページをご覧ください。

当院はインビザライン導入コースを本日修了しインビザライン社との契約が成立したため、明日より当院でのインビザラインを用いた治療が可能となります。ご興味のある方はお気軽に矯正相談へお越しください。

<注意>
矯正歯科の経験の浅い歯科医師が収益目的でマウスピース型矯正治療を行い「思っていた歯並びにならなかった。」「全然咬めなくなった。」などという問題が多発しているとのことで日本矯正歯科学会も注意喚起しています。マウスピース型矯正治療で万一うまく動かなくても追加のワイヤー矯正などで修正できる「リカバリー能力」が術者には必須です。くれぐれも矯正治療の経験豊富な歯科医師による治療をご検討ください。

うえき矯正歯科 院長 植木猛士

---------------------------------------------------------------------------------
福岡は西区・城南区・南区・中央区・博多区をカバーする
福岡市早良区次郎丸の矯正歯科
うえき矯正歯科
成人矯正・小児矯正・かみ合わせ・成長期の矯正など、何でもご相談ください。
---------------------------------------------------------------------------------
〒814-0165 福岡県福岡市早良区次郎丸1-1-57ビレッジ城月1F
ご予約・お問い合わせは
tel.092-874-3322
---------------------------------------------------------------------------------
受付時間/10:00〜13:00、14:30〜18:30 ※土曜日は9:00スタート
休診日/木曜・日曜・祝日
--------------------------------------------------------------
posted by うえき矯正歯科・こども歯科 at 17:27 | お知らせ
最近の記事
ページ上部へ戻る